カフェとセカンドハンドとシェア暮らし

ヘルシンキ在住。居心地のいいカフェとヴィンテージが癒し。フィンガール2人とシェア暮らし。

パンケーキ・フライデー・モーニング

f:id:yukicafekitchen:20150807182106j:plain

明日の朝ごはんはパンケーキにしよう!

 

昨日ふらふら買い物している途中でそう決めてから、

卵を買い、メープルシロップを買い、ブルーベリーを買い。

朝起きるまでずっとうきうきわくわく。

 

冷蔵庫にあるギリシャヨーグルトが使えて、ふわふわな感じがいいな、

と思って見つけたのがこのレシピ。

www.coffeeandquinoa.com

(材料は記事の下方に日本語で記載しました)

 

ギリシャヨーグルトのパッケージがかわいらしい。

f:id:yukicafekitchen:20150807181256j:plain

フィンランドの公用語はフィンランド語とスウェーデン語のふたつあるため、

どの商品もそれぞれの言語で書いてあります。

 

粉ものと水分系を別のボウルでそれぞれ混ぜ、一緒にします。

f:id:yukicafekitchen:20150807181330j:plain

(写真では泡立て器ですが、混ぜる際にへらに変えました。)

 

10分くらい置いて生地がすこしふっくらしてから、焼き始めます。

f:id:yukicafekitchen:20150807181557j:plain

うーん、我ながらいびつだ。

もうひっくり返していいかな〜

f:id:yukicafekitchen:20150808003550j:plain

 

温かいうちに、さー食べよう!

f:id:yukicafekitchen:20150807181918j:plain

 

ブルーベリーのっけて、

f:id:yukicafekitchen:20150807182525j:plain

メープルシロップはたっぷりめでお願いします。

f:id:yukicafekitchen:20150807182533j:plain

おっとバナナ忘れてた。

f:id:yukicafekitchen:20150807182550j:plain

f:id:yukicafekitchen:20150807182730j:plain

 

レシピの写真みたいな厚さではないものの、

期待以上にふんわり!

 

メープルシロップを吸ってじゅわじゅわな感じが、最高においしい。

そこに甘酸っぱいブルーベリーがいいアクセントです。

 

f:id:yukicafekitchen:20150807182913j:plain

お腹いっぱい、幸せ。

 

 

朝ごはんって、いいですよね。

 

明日の朝はこれを食べよう♡、と思いながら眠りにつくと、俄然寝起きがよくなります。

 

今一番何が欲しいかとヤンネに聞かれたら、

映画のような、Breakfast in Bed(ベッドで朝ごはん)と答えるでしょう。

カフェの同僚によれば、バレンタインの日の男性からのプレゼントとして、欧米では人気らしいです。

今年のバレンタインにその話をよーくしておいたので、来年に期待しています。

 

今までで一番記憶に残っている朝ごはんは、何年も前に北米を自転車旅行していたときのもの。

マシュマロとバナナをお鍋で一緒に温めて、マシュマロが溶けたくらいで食べるという。

f:id:yukicafekitchen:20150808010130j:plain

エネルギーの塊で、それを食べた日の午前中は猛烈に自転車が漕げたのを覚えています。

 

 

朝ごはんの話になるとワクワクがとまらない。

 

 

yuki

 

ギリシャヨーグルト・パンケーキの材料(小さめ8個分くらい)

薄力粉、1・1/2カップ

ベーキングパウダー、小さじ1・1/2

ベーキングソーダ、小さじ1/4

粗めの塩、小さじ1/2

ギリシャヨーグルト、1カップ

牛乳、3/4カップ

卵、1個

メープルシロップ、大さじ1〜2

バニラエクストラクト、小さじ1/2

(生地は結構固めになりますが、もし固すぎる・混ざりが悪い場合は、牛乳を大さじ1ずつ、適当な固さになるまで足します)