読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カフェとセカンドハンドとシェア暮らし

ヘルシンキ在住。居心地のいいカフェとヴィンテージが癒し。フィンガール2人とシェア暮らし。

部屋にお守りを

 

ここしばらく、暇をみつけては、天井から下げる冬の飾りをつくっていました。

これです。

f:id:yukicafekitchen:20161122185806j:plain

 

友人によると、フィンランドの「ヒンメリ」、日本で最近流行っているらしいです。

知らぬ間に流行にのっているとは、流行とは威力あるものですね〜

 

見た感じ同じですが、でもヒンメリではなく、ラトビアの「プズリ(プズリス)」です。

古くから、冬至祭を主に冬の間飾られて来た安寧のお守り。

 

ラトビアの地方ではこんな大作を見つけました。

f:id:yukicafekitchen:20161122185857j:plain

 

以前ラトビアに住んでいるときに友人から作り方をならいました。

これがそのとき作ったわたしの第一号です。

f:id:yukicafekitchen:20161122190003j:plain

壊れやすいので日本に持って帰れず、大家さんに処分されてしまっただろうプズリ・・

 

何度もまた作りたいな、と思いながら、材料がどこで手に入るのかわからなかったのと、繰り返しの引っ越しで余裕がなかったので、先送りになっていました。

 

今の部屋に来てから絶対作ろうと決め、「近所の海辺に生えている植物が使えるのでは、今度刈りにいこう!」と密かに狙っていたのですが、

たまたま入った手芸屋さんであっさりと材料が手に入りました。

 

仕上げにラトビア文様の太陽(saule)のオーナメントを付けてみました。

長い暗い冬の間、わたしだけの太陽です。

f:id:yukicafekitchen:20161122190222j:plain

 

単純作業の繰り返し、少しずつ形になっていく様子、自分の手で何か生み出す事。

とっても心が落ち着く時間でした。

 

ベッドに寝転んで天井を見上げると、風があるわけではないのに、プズリがしずかに、ゆーっくりと、回っています。

f:id:yukicafekitchen:20161122190654j:plain

この部屋ではいつも安らぎが得られますように。