読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カフェとセカンドハンドとシェア暮らし

ヘルシンキ在住。居心地のいいカフェとヴィンテージが癒し。フィンガール2人とシェア暮らし。

ヘルシンキでいちばん美味しいシナモンロール

f:id:yukicafekitchen:20150801050101j:plain

昨日の願いもむなしく、今日も朝から雨模様。

でもどこかへ行きたい気分だったので、長らく行けてなかったあのカフェへ、

シナモンロールを食べに行きました。

 

ヘルシンキでの雨の日は、カフェでシナモンロールを食べてもいい日。

そう(わたしのなかで)決まっています。

 

フィンランド語で、 Korvapuusti(コルヴァプースティ)。

korva の意味は「耳」、形が似てるからとか。

 

シナモンロールは、Pulla プッラ(日本でいう菓子パンや甘いパン)のひとつ。

ちなみにケーキは Kakku(カック)、揚げドーナツは Munkki(ムンッキ)、

クッキーは Keksi(ケクシ)、タルトは Toruttu(トルットゥ)

チョコレートは Suklaa(スクラー)、、、

フィンランド人は老若男女問わず甘いものがだーーーいすき!

 

フィンランドは1人あたりのコーヒー消費量がかなり多いようです。

カプチーノやラテ、よりも、ドリップコーヒー専門です。

コーヒーと甘いもの、最高です。

 

ヘルシンキに来たばっかりのころは、あらゆるカフェでしょっちゅうコーヒーとシナモンロールを頼んでいました。

カフェで働くようになり、毎日目にするようになって、その熱も収まりましたが。

 

わたしにとって、Cafe Delivo はヘルシンキで一番おいしいシナモンロールを出すカフェ。

(FB: https://www.facebook.com/pages/Cafe-Delivo/121913891212883?fref=ts )

f:id:yukicafekitchen:20150801051607j:plain

センターから少し離れた、Munkkiniemi という閑静な住宅エリアにあります。

フィンランドの有名な建築家、Alvar Aalto(アルヴァ・アアルト)の自邸とアトリエの近く。

 

ヤンネのアパートが昔このエリアにあり、休日の朝にはシナモンロールを焼く香りにつられ、しょっちゅう来ていました。

f:id:yukicafekitchen:20150801052353j:plain

もちろんドリップコーヒーといっしょに。

f:id:yukicafekitchen:20150801052259j:plain

わたしの勝手な基準では、シナモンロールには2種類あって、

ふわふわタイプと、ざくざくタイプ。

 

Delivo のは、後者、食べ応えがめっちゃあるタイプ。

ちょうど耳のあたりが、ざくざくして、なかはしっとりして、、

この上なくしあわせな気持ちになります。

f:id:yukicafekitchen:20150801052910j:plain

f:id:yukicafekitchen:20150801053239j:plain

今日は残念ながら焼きたてには当たりませんでした。

と思ったら、ああ、今まさにオーブンで焼かれている!

f:id:yukicafekitchen:20150801053754j:plain

シナモンロールを焼く時の香りは、フィンランド人にとって一番そそられる香りに違いない。

その証拠に、焼きたてのシナモンロールたちはあっという間に売れていってしまいました。

 

f:id:yukicafekitchen:20150801054444j:plain

シナモンロールに夢中になっていたとき土砂降りだった雨は、

カフェを出るときにはちょうど小振りに。

 

また来るね、たぶん雨の日に。

 

 

yuki