読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カフェとセカンドハンドとシェア暮らし

ヘルシンキ在住。居心地のいいカフェとヴィンテージが癒し。フィンガール2人とシェア暮らし。

フリーマーケット出店と、ピッツァと、ミニゴルフ

f:id:yukicafekitchen:20150810214336j:plain

昨日の日曜はフリーマーケットに出店しました。

 

夏の間、天気がよければ毎週日曜に開催される、

Aleksis Kiven Kadun Kirppis 。

開催されるといっても、主催者はおらず、天気がよければ人が集まってくる感じ。

出店費用もタダなので、気軽にお店を出せちゃいます。

 

公園に着いたのは10時過ぎ。

おー、あの場所いいなぁ。

f:id:yukicafekitchen:20150810212009j:plain

 

わたしたちはハンガー類がないので、布を敷いた上にすべて並べます。

f:id:yukicafekitchen:20150810212035j:plain

半分でも売れればいいな。

 

それにしてもめちゃくちゃいい天気!

そのおかげでお店もお客さんもどんどん増えて行きます。

 

開店して早々、

わたしには明るすぎた白地に水色水玉のワンピースを、このおばあちゃんが買ってくれました。

f:id:yukicafekitchen:20150810212011j:plain

絶対似合う!!

なんていい人に買ってもらえたんだろうと、ほんわか嬉しくなりました。

 

最初は日陰の中だったわたしたちのお店も、陽が高くなるにつれ直射日光の下に。

f:id:yukicafekitchen:20150810212525j:plain

お隣はおもちゃをいっぱい売っていて、子ども達に大人気。

 

わたしも見て回りたいところですが、荷物が増えては意味が無いので、

ぐーーーっとがまん。

 

暇なので食べます。

f:id:yukicafekitchen:20150810212506j:plain

目玉焼きをはさんだサンドイッチと、

f:id:yukicafekitchen:20150810212512j:plain

暑い日にうれしいグレープフルーツ。

 

することがないので、目の前を行く人たちのファッションチェック。

短い夏を謳歌するヘルシンキの人々は、個性的でそれぞれオシャレです。

f:id:yukicafekitchen:20150810214848j:plain

この女性、わたしの母よりももっと年上そうでしたが、オレンジがよく似合って素敵でした。

 

午後3時、まわりがちらほら店じまいを始めたあたりで、わたしたちも帰る事に。

予想していたより沢山売れて、荷物は半分ほどに減りました。

 

衣類よりもキッチン用品がよく売れたのはおもしろい発見でした。

f:id:yukicafekitchen:20150810213240j:plain

 

さて、気になる売り上げは、、

f:id:yukicafekitchen:20150810213543j:plain

42.6ユーロ、

約5800円!

買う人もびっくりするくらい安く売っていたのですが、

意外と稼いでしまいました。

 

お金ももちろん嬉しいのですが、

それぞれたくさん大事に使ってくれそうな人に買われ&もらわれていったのが、

なにより満たされた気持ちになりました。

 

 

フリマのあと、売り上げを手に、その日のうちにさっそく・・

f:id:yukicafekitchen:20150810220411j:plain

ヘルシンキでは外食が高くてほとんどできないので、この機会にと、ピッツァ。

f:id:yukicafekitchen:20150810220420j:plain

 

腹ごしらえした後は、何か普段と違うことをしよう!と、

f:id:yukicafekitchen:20150810220528j:plain

ミニゴルフ。

f:id:yukicafekitchen:20150810220556j:plain

こんなミニコースが18個あります。

f:id:yukicafekitchen:20150810220606j:plain

最初こそ競争心たっぷりで真剣に記録していたものの、

f:id:yukicafekitchen:20150810220608j:plain

コースが多すぎて途中でぐったり。

記録もかなり適当になりました。

 

f:id:yukicafekitchen:20150810220619j:plain

 

それにしてもいい天気すぎた。

太陽を浴びすぎた。

 

次の日の朝、自分の腕の日焼け具合にびっくりするのでした。

 

 

yuki