カフェとセカンドハンドとシェア暮らし

ヘルシンキ在住。居心地のいいカフェとヴィンテージが癒し。フィンガール2人とシェア暮らし。

そうだ、森へ行こう

f:id:yukicafekitchen:20150804044229j:plain

なにかが足りない・・

そんな気がして、バックパックにキャンプ用品一式と、家にある食材を詰めはじめたわたしたち。

夕方近い時間から森へ行くことにしました。

 

f:id:yukicafekitchen:20150804035710j:plain

バスを乗り継いで向かったのは、Nuuksio Kansallispuisto(ヌークシオ国立公園)。

市内から交通公共機関を利用して、1時間ちょっとで行けます。

思い立ったらすぐ森へ行ける、ヘルシンキの素晴らしいところの一つです。

 

ヌークシオに到着したのは18時頃。

夏至はとうに過ぎたものの、まだまだ日が長いので、ゆっくりゆったりできます。

f:id:yukicafekitchen:20150804054212j:plain

 

でも空腹は待ってはくれないので、着いてすぐたき火が出来るところで夜ごはんにしました。

 

アウトドア・キャンプ・たき火、ときたら、こちらではとにかくソーセージらしいです。

面白いくらいにみんな、マイ・ソーセージを持ってきています。

わたしたちも豆腐でできたベジタリアン・ソーセージで参戦。

木の枝で作ったスティックに付けて直火で焼きます。

f:id:yukicafekitchen:20150804042803j:plain

パンもトーストして、バターをのっけて、、

f:id:yukicafekitchen:20150804042848j:plain

付け合わせの野菜は、茹でただけのじゃがいもとにんじん。

f:id:yukicafekitchen:20150804043008j:plain

こーんな何でもないものが、どうしてこんなにも美味しいんでしょう。

森マジック。

 

食後のデザートは国立公園の中を散策しながら。

今まさしくブルーベリーの時期で、みんな大きいバケツをもってヌークシオに摘みにきています。

小道沿いはきれいさっぱり摘まれてしまっているのですが、

でも少し奥にはいっていくと、そこらじゅうに。

f:id:yukicafekitchen:20150804044501j:plain

もうすぐシーズンのはずのアンズ茸がないかな〜、と下を見ながら歩きますが、

f:id:yukicafekitchen:20150804050232j:plain食べてはいけなさそうなキノコばっかり。

 

森の子ヤンネはしばらくこうやってただ座っています。

f:id:yukicafekitchen:20150804051358j:plain

 

夜10時過ぎ、だんだん薄暗くなって、森はよりいっそう静かです。

f:id:yukicafekitchen:20150804050030j:plain

 

テントの中でかすかな森の音を聞きながら眠りました。

f:id:yukicafekitchen:20150804050043j:plain

 

 

f:id:yukicafekitchen:20150804035827j:plain

翌日の朝も幸運なことに、快晴!

 

朝はたき火であぶったパンに、

f:id:yukicafekitchen:20150804043418j:plain

バターと、

f:id:yukicafekitchen:20150804043501j:plain

手作りイチゴジャム。

f:id:yukicafekitchen:20150804043551j:plain

朝の空気にも負けず劣らず、おいしいです。

f:id:yukicafekitchen:20150804043640j:plain

 

 

なにかが足りない、じゃなくて、多分日々の小さなことで頭がいっぱいいっぱいだった。

 

森に濾過され頭からつま先まで透明になったような気持ちになって、

昨日よりももっと元気になって、

ヘルシンキへと帰ります。

 

f:id:yukicafekitchen:20150804055233j:plain

森があれば生きていけるかも、

フィンランド人顔負けのことを帰り道すがら思うのでした。

 

 

yuki